ワークショップ「ウェブ・アーカイブの世界-人文学・社会科学から見た 研究資源としての可能性-」

ワークショップ「ウェブ・アーカイブの世界-人文学・社会科学から見た 研究資源としての可能性-」
Workshop “The Scope of Web Archives as  Resources for Humanities and Social Sciences: With Special Focus on National Diet Library’s WARP”

webarchive_no_sekai2

2016年2月18日(木)14:00~16:30
大阪大学豊中キャンパス 大学院文学研究科本館461教室

講演
「国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP)とその利活用」
国立国会図書館関西館 電子図書館課課長補佐 前田 直俊

コメンテーター
岡島 昭浩 (文学研究科教授)  国語学・語彙史研究の立場から
田野村 忠温 (文学研究科教授)  言語学・コーパス研究の立場から
辻田 俊哉 (コミュニケーションデザイン・センター講師) 政治学・国際関係論研究の立場から

司会
合山 林太郎 (コミュニケーションデザイン・センター准教授)

私たちの生活をとりまくウェブ(インターネット)の世界は、そう遠くない将来、政治や社会、歴史や言語などを考える上で、主要な研究資源として利用されるようになると考えられます。そのとき役立つのが、過去のウェブを保存し、利用に供するウェブ・アーカイブです。

このワークショップでは、数あるウェブ・アーカイブの中でも、国立国会図書館の「インターネット資料収集保存事業」 (WARP )に焦点を当てつつ、言語学、国語学、政治学など、複数の学問領域において、それが研究資源として、どのような可能性を持つのかについて議論していきま す。多くの方のご参加をお待ちしております。

連絡先:合山林太郎研究室
goyama@let.osaka-u.ac.jp  06-6850-5680

※登壇者の情報及び案内文を一部変更いたしました。(2月6日)