学会発表

  • 「デンマークの高齢者介護におけるウェルフェア・テクノロジーの活用」,日本社会福祉学会第64回秋季大会,2016年9月11日,於佛教大学紫野キャンパス.
  • Nobu Ishiguro, “Do care robots play a role in Japanese eldercare?: Cultural values on care”,The 13th EASP Annual Conference: Social Policy and Gender in East Asia,Ewha Woman’s University, Seoul (Republic of Korea), July 1-2, 2016.
  • Theobald, Hildegard, Yayoi Saito & Nobu Ishiguro. “Comparative Eldercare from Care Workers Perspective: Germany, Japan and Sweden”. Eldercare Workshop at Vechta University (Germany), September 7th, 2015.
  • Nobu Ishiguro & Yayoi Saito, “Care Relations in Eldercare in Japan and Denmark”, 13th Annual ESPAnet conference, Oslo (Norway), September, 2015.
  • 「要介護高齢者の暮らしを支える環境づくり~デンマークの取り組みから「ホーム」を考える」(ラウンドテーブルディスカッション:これからの在宅ケアを考える~北欧ケアの思想的基盤を手がかりにして~),日本保健医療社会学会第41回大会,2015年5月17日,首都大学東京
  • Theobald, Hildegard, Yayoi Saito & Nobu Ishiguro, “Comparative Eldercare from Care Workers Perspective: Germany, Japan and Sweden”, Seminar on the Eldercare in a Comparative Perspective, October 18th, 2014, 大阪大学中之島センター(大阪市)
  • Yayoi Saito, Nobu Ishiguro, Yoko Yoshioka, Momoko Sato,Comparative Study of Elder Care Work in Japan and Sweden, 12th Annual ESPAnet conference,September, 2014.
  • 斉藤弥生・石黒 暢・吉岡洋子「介護労働環境の国際比較研究(1)-日本・スウェーデン・デンマークのホームヘルパーの裁量に焦点をあてて-」,日本社会福祉学会第61回秋季大会,2013年9月22日,於北星学園大学.
  • 石黒 暢・斉藤弥生・吉岡洋子「介護労働環境の国際比較研究(2)-日本とデンマークの介護労働者の労働負担-」,日本社会福祉学会第61回秋季大会,2013年9月22日,於北星学園大学.吉岡洋子・斉藤弥生・石黒 暢「介護労働者の実像に関する日本と北欧4カ国の国際比較-ホームヘルパー及び施設職員への質問紙調査から-」,日本社会福祉学会第61回秋季大会,2013年9月22日,於北星学園大学.
  • 石黒 暢・斉藤弥生・吉岡洋子「日本とスウェーデンの高齢者介護比較研究-ボトムアップ視点からの検討」,北ヨーロッパ学会第11回研究大会, 2012年11月10日,於明治学院大学白金キャンパス.
  • 「デンマークにおける予防的家庭訪問に関する考察 ― 福祉情報化の視点から―」,社会政策学会第125回研究大会,2012年10月14日,於長野大学.
  • 「デンマークの子育て支援施策の動向」,社会政策学会2009年度総合福祉部会,2010年2月21日,於京都府立大学.
  • 「デンマークの保育サービスと家族の役割 -保護者会に焦点をあてて-」,北ヨーロッパ学会第8回研究大会,2009年11月28日,於大阪大学.
  • 「北欧諸国間の介護システムの比較研究(1) -デンマークのホームヘルプ自由選択制度について-」,社会福祉学会第57回研究大会,2009年10月10日,於法政大学.
  • 「生活の継続性に配慮したユニットケアの実践―デンマークの事例から」,社会福祉学会第55回研究大会,2007年9月22日,於大阪市立大学.
  • 「デンマークの生活・居住ユニットケアに関する研究」,北ヨーロッパ学会第5回研究大会,2006年11月25日,於立命館大学.

研究成果に戻る