特別公開講座「北欧福祉レジームの最新動向と課題」を開催しました

2017年8月4日、大阪大学豊中キャンパスにて、日本・デンマーク外交樹立150周年記念特別公開講座が開催されました。コペンハーゲン大学からピーダ・エーブラハムソン氏を迎え、デンマークをはじめとする北欧福祉国家の高齢者介護施策について英語でわかりやすく講演いただきました(日本語通訳付き)。

立ち見が出るほど盛況で、講演後も多くの質問が出て、熱心なディスカッションが行われました。

講演者:Peter Abrahamson(ピーダ・エーブラハムソン)氏
デンマーク王国コペンハーゲン大学社会学部准教授。カリフォルニア大学デービス校客員研究員、立命館大学客員教授、ソウル大学校教授等を歴任。比較福祉国家研究の第一人者で、代表的な著作に”Welfare and Families in Europe (2005, Ashgate, 共編著)等がある。

主催:大阪大学大学院言語文化研究科石黒暢研究室
協力:大阪大学21世紀懐徳堂
後援:駐日デンマーク大使館