Publications


[41] Y. Ohkubo, K. Ishihara, M. Shibahara, A. Nagatani, K. Honda, K. Endo, and K. Yamamura:
“Drastic improvement in adhesion property of polytetrafluoroethylene (PTFE) via heat-assisted plasma treatment using a heater”
Scientific Reports , Vol. 7, No.なし, Article number 9476, (2017-8).
Doi: 10.1038/s41598-017-09901-y

[40] Y. Ohkubo, T. Aoki, S. Seino, O. Mori, I. Ito, K. Endo, and K. Yamamura:
“Radiolytic synthesis of Pt-particle/ABS catalysts for H2O2 decomposition in contact lens cleaning”
Nanomaterials, Vol. 7, No. 9, Article number 235, (2017-8).
Doi: 10.3390/nano7090235

[39] T. Okazaki, S. Seino, J. Kugai, Y. Ohkubo, H. Nitani, T. Nakagawa, and T.A. Yamamoto:
“Effect of metal ion location in reaction medium on formation process and structure of PtCu-CuO nanoparticles supported on carbon and γ-Fe2O3”
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 54, No. 4, pp.472-480, (2017-3).
Doi: 10.1080/00223131.2017.1286268

[38] Y. Ohkubo, K. Ishihara, H. Sato, M. Shibahara, A. Nagatani, K. Honda, K. Endo, and K. Yamamura:
“Adhesive-free adhesion between polytetrafluoroethylene (PTFE) and isobutylene–isoprene rubber (IIR) via heat-assisted plasma treatment”
RSC Advances, Vol. 7, No.なし, pp.6432-6438, (2017-1).
Doi: 10.1039/c6ra27642c

[37] T. Okazaki, S. Seino, Y. Matsuura, H. Otake, J. Kugai, Y. Ohkubo, H. Nitani, T. Nakagawa, and T.A. Yamamoto:
“Effect of counterpart metal in carbon-supported Pt-based catalysts prepared using radiochemical method”
Radiation Physics and Chemistry, Vol. 133, No.なし, pp.67-71, (2016-12).
Doi: 10.1016/j.radphyschem.2016.12.020

[36] 大久保雄司, 石原健人, 佐藤悠, 遠藤勝義, 山村和也:
“熱アシストプラズマ処理によるポリテトラフルオロエチレンと無電解銅めっき膜の密着性向上”
表面技術, 第67巻, 第10号, pp.551-556, (2016-10).
Doi: 10.4139/sfj.70.551

[35] Y. Ohkubo, S. Seino, T. Nakagawa, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Influence of pH on performance of sodium phosphinate for decreasing the particle size”
Journal of Experimental Nanoscience, Vol. 11, No. 9, pp.707-713, (2016-6).
Doi: 10.1080/17458080.2015.1136848

[34] Y. Ohkubo, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Radiolytic preparation of thin Au film directly on resin substrate using high-energy electron beam”
Thin Solid Films, Vol. 604, No.なし, pp.63-68, (2016-4).
Doi: 10.1016/j.tsf.2016.03.014

[33] Y. Ohkubo, S. Kageyama, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Mass production of highly loaded and highly dispersed PtRu/C catalysts for methanol oxidation using an electron-beam irradiation reduction method”
Journal of Experimental Nanoscience, Vol. 11, No. 2, pp.123-137, (2016-1).
Doi: 10.1080/17458080.2015.1031197

[32] T. Okazaki, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, Y. Ohkubo, T. Akita, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“Radiochemical synthesis of a carbon-supported Pt-SnO2 bicomponent nanostructure exhibiting enhanced catalysis of ethanol oxidation”
Radiation Physics and Chemistry, Vol. 108, No.なし, pp.1-6, (2015-4).
Doi: 10.1107/S1600577514012703

[31] Y. Ohkubo, T. Nakagawa, S. Seino, J. Kugai, T.A. Yamamoto, H. Nitani, and Y. Niwa:
“X-ray-induced reduction of Au ions in an aqueous solution in the presence of support materials and in situ time-resolved XANES measurement”
Journal of Synchrotron Radiation, Vol. 21, No. 5, pp.1148-1152, (2014-9).
Doi: 10.1107/S1600577514012703

[30] Y. Ohkubo, S. Seino, S. Kageyama, J. Kugai, T. Nakagawa, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Effect of decrease in the size of Pt nanoparticles using sodium phosphinate on electrochemically active surface area”
Journal of Nanoparticle Research, Vol. 16, No. 2, art. no. 2237, (2014-1).
Doi: 10.1007/s11051-013-2237-6

[29] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Structure of bicomponent metal-oxide composites synthesized by electron beam irradiation method”
Journal of Alloys and Compounds, Vol. 577, No.なし, pp.125-130, (2013-11).
Doi: 10.1016/j.jallcom.2013.04.135 

[28] Y. Ohkubo, Y. Hamaguchi, S. Seino, T. Nakagawa, S. Kageyama, J. Kugai, H. Nitani, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Preparation of carbon-supported PtCo nanoparticle catalysts for the oxygen reduction reaction in polymer electrolyte fuel cells by an electron-beam irradiation reduction method”
Journal of Materials Science, Vol. 48, No. 14, pp.5047-5054, (2013-7).
Doi: 10.1007/s10853-013-7292-y

[27] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“Active metal-oxide interfaces in supported Pt-Cu/CeO2 and mechanically mixed Pt-Cu+CeO2 catalysts synthesized by an electron beam irradiation method for selective CO oxidation”
Catalysis Letter, Vol. 143, No. 11, pp.1182-1187, (2013-6).
Doi: 10.1007/s10562-013-1051-1

[26] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“Effect of CeO2 support properties on structure of Pt-Cu nanoparticles synthesized by electron beam irradiation method for preferential CO oxidation”
Chemical Engineering Journal, Vol. 223, No.なし, pp.347-355, (2013-5).
Doi: 10.1016/j.cej.2013.02.116

[25] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“Comparison of structure and catalytic performance of Pt-Co and Pt-Cu bimetallic catalysts supported on Al2O3 and CeO2 synthesized by electron beam irradiation method for referential CO oxidation”
International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 38, No. 11, pp.4456-4465, (2013-4).
Doi: 10.1016/j.ijhydene.2013.01.159

[24] Y. Ohkubo, S. Kageyama, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“Radiolytic synthesis of carbon-supported PtRu nanoparticles using high-energy electron beam – Effect of pH control on PtRu mixing state and catalytic activity -”
Journal of Nanoparticle Research, Vol. 15, No. 5, art. no. 1597, (2013-4).
Doi: 10.1007/s11051-013-1597-2

[23] S. Kageyama, Y. Sugano, Y. Hamaguchi, J. Kugai, Y. Ohkubo, S. Seino, T. Nakagawa, S. Ichikawa, and T.A. Yamamoto:
“Pt/TiO2 composite nanoparticles synthesized by electron beam irradiation for preferential CO oxidation”
Materials Research Bulletin, Vol. 48, No. 4, pp.1347-1351, (2013-4).
Doi: 10.1016/j.materresbull.2012.11.028

[22] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Structure and catalytic performance of Pt-Cu bimetallic catalysts synthesized by radiation-induced reduction method in aqueous phase – Influence of support material and sulfate ion in the precursor –”
The Journal of Physical Chemistry C, Vol. 117, No. 11, pp.5742-5751, (2013-3).
Doi: 10.1021/jp311600y

[21] Y. Ohkubo, M. Shibata, S. Kageyama, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, and T.A. Yamamoto:
“Carbon supported AuPd bimetallic nanoparticles synthesized by high-energy electron beam irradiation for direct formic acid fuel cell”
Journal of Materials Science, Vol. 48, No. 5, pp.2142-2150, (2013-3).
Doi: 10.1007/s10853-012-6989-7

[20] T. Moriya, J. Kugai, S. Seino, Y. Ohkubo, T. Nakagawa, H. Nitani, and T.A. Yamamoto:
“CuO role in γ-Fe2O3 supported Pt-Cu bimetallic nanoparticles synthesized by radiation-induced reduction as catalysts for preferential CO oxidation”
Journal of Nanoparticle Research, Vol. 15, No. 2, art. no. 1451, (2013-1).
Doi: 10.1007/s11051-013-1451-6

[19] J. Kugai, T. Moriya, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, Y. Mizukoshi, and T.A. Yamamoto:
“Effect of support for Pt-Cu bimetallic catalysts synthesized by electron beam irradiation method on preferential CO oxidation”
Applied Catalysis B:Environmental, Vol. 126, No.なし, pp.306-314, (2012-9).
Doi: 10.1016/j.apcatb.2012.07.028

[18] S. Kageyama, N. Tamon, J. Kugai, Y. Ohkubo, S. Seino, T. Nakagawa, K. Ueno, and T.A. Yamamoto:
“Radiation induced synthesis of PtCu/C nanoparticles using high-energy electron beam”
Materials Letters, Vol. 82, No.なし, pp.33-35, (2012-9).
Doi: 10.1016/j.matlet.2012.05.038

[17] Y. Ohkubo, K. Kusu, S. Onishi, and K. Ogawa:
“Effect with anti-biofouling for barnacles on super-hydrophobic and oleophobic surface”
Sessile Organisms, Vol. 29, No. 2, pp.41-48, (2012-8).
Doi: なし

[16] S. Kageyama, A. Murakami, S. Ichikawa, S. Seino, T. Nakagawa, H. Daimon, Y. Ohkubo, J. Kugai, and T.A. Yamamoto:
“Enhanced electrochemical stability of PtRuAu/C catalyst synthesized by radiolytic process”
Journal of Materials Research, Vol. 27, No. 7, pp.1037-1045, (2012-4).
Doi: 10.1557/jmr.2012.65

[15] J. Kugai, R. Kitagawa, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, H. Daimon, and T.A. Yamamoto:
“CeO2-supported Pt-Cu alloy nanoparticles synthesized by radiolytic process for highly selective CO oxidation”
International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 37, No. 6, pp.4787-4797, (2012-3).
Doi: 10.1016/j.ijhydene.2011.12.070

[14] J. Kugai, R. Kitagawa, S. Seino, T. Nakagawa, Y. Ohkubo, H. Nitani, H. Daimon, and T.A. Yamamoto:
γ-Fe2O3-supported PtCu nanoparticles synthesized by radiolytic process for catalytic CO preferential oxidation”
Applied Catalysis A:General, Vol. 406, No. 1-2, pp.43-50, (2011-10).
Doi: 10.1016/j.apcata.2011.08.006

[13] Y. Ohkubo, M. Shibata, S. Kageyama, S. Seino, T. Nakagawa, J. Kugai, and T.A. Yamamoto:
“Radiation induced synthesis of Au-Pd nanoparticles of random alloy structure supported on carbon particles using the high energy electron beam”
Materials Letters, Vol. 65, No. 14, pp.2165-2167, (2011-7).
Doi: 10.1016/j.matlet.2011.04.023

[12] 大久保雄司, 大西正悟, 小川一文:
“ピロール系化学吸着単分子膜とポリピロール膜を利用した樹脂基板上の銅めっき接着力向上に関する研究”
エレクトロニクス実装学会, 第14巻, 第2号, pp.121-127, (2011-3).
Doi: 10.5104/jiep.14.121

[11] Y. Ohkubo, I. Tsuji, S. Onishi, and K. Ogawa:
“Preparation and characterization of super-hydrophobic and oleophobic surface”
Journal of Materials Science, Vol. 45, No. 18, pp.4963-4969, (2010-9).
Doi: 10.1007/s10853-010-4362-2

[10] H. Yamamoto, Y. Ohkubo, K. Ogawa, and K. Utsumi:
“Physical performance of the metal surface covered with the highly durable and chemically adsorbed fluorocarbon film”
Precision Engineering, Vol. 34, No. 3, pp. 440-445, (2010-7).
Doi: 10.1016/j.precisioneng.2009.12.008

[09] Y. Ohkubo, S. Onishi, T. Ohtake, and K. Ogawa:
“Technique for immobilizing copper ions on a substrate through a nanoscale thin film containing pyrrole groups”
Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol. 43, No. 4, pp.406-412, (2010-7).
Doi: 10.1252/jcej.09we173

[08] S. Onishi, Y. Ohkubo, and K. Ogawa:
“Silver paste using reactive monomolecular layer”
Journal of Materials Science and Engineering, Vol. 4, No. 3, pp.1-6, (2010-3).
Doi: なし

[07] 大久保雄司, 大西正悟, 小川一文:
“ピロール系化学吸着単分子膜を介したポリピロール膜による銅イオンの固定”
表面技術, 第60巻, 第12号, pp.805-810, (2009-12).
Doi: 10.4139/sfj.60.805

[06] H. Yamamoto, Y. Ohkubo, K. Ogawa, and K. Utsumi:
“Application of a chemically adsorbed fluorocarbon film to improve demolding”
Precision Engineering, Vol. 33, No. 3, pp.229-234, (2009-7).
Doi: 10.1016/j.precisioneng.2008.07.006

[05] S. Onishi, Y. Ohkubo, K. Soejima, and K. Ogawa:
“A binder-free Ag paste using a chemically adsorbed monolayer”
Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 48, No. 6, pp.066506(1-5), (2009-6).
Doi: 10.1143/JJAP.48.066506

[04] T. Tada, S. Onishi, Y. Ohkubo, and K. Ogawa:
“Magnetic particles stabilized by chemically adsorbed monolayers for use in functional fluids”
Thin Solid Films, Vol. 517, No. 15, pp.4360-4364, (2009-6).
Doi: 10.1016/j.tsf.2009.03.062

[03] I. Tsuji, Y. Ohkubo, and K. Ogawa:
“Study on super-hydrophobic and oleophobic surfaces prepared by chemical adsorption technique”
Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 48, No. 4, pp.040205(1-3), (2009-4).
Doi: 10.1143/JJAP.48.040205

[02] T. Tada, H. Noriyasu, Y. Kawamura, Y. Ohkubo, and K. Ogawa:
“Development of a water- and oil-repellent treatment for silk and cotton fabrics with fluoroalkyl-trimethoxysilane”
Journal of Textile Engineering, Vol. 55, No. 1, pp.13-21, (2009-2).
Doi: なし

[01] 辻一誠,大久保雄司,小川一文:
“化学吸着技術を用いて作製した超撥水・撥油表面の研究”
表面技術, 第59巻, 第7号, pp.460-464, (2008-7).
Doi: 10.4139/sfj.59.460


[68] 2017年10月26日~2017年10月28日
13th International Conference on Advanced Materials and Nanotechnology(@Osaka in Japan)

講演番号:なし

Effect of O2 or H2 gas addition to Ar gas on surface modification of fluoropolymer using atmospheric pressure plasma –Application for highly adhesive Ag wiring pattern on plasma-treated fluoropolymer

○Y. Kodama, Y. Ohkubo, T. Oshita, T. Aoki, T. nakagawa, K. Endo, K. Yamamura

[67] 2017年9月20日~2017年9月22日
精密工学会 2017年度秋季大会(@大阪大学-豊中キャンパス)

講演番号:G07

熱アシストプラズマ処理の接着性向上効果に対する表面温度の影響 -プラズマ処理中のヒータ加熱によるフッ素樹脂の接着性向上効果-

中川哲哉, ○大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[66] 2017年9月14日~2017年9月15日
表面技術協会 第136回講演大会(@金沢工業大学-扇が丘キャンパス)

講演番号:14D-27

微量ガス添加が大気圧Arプラズマ処理によるフッ素樹脂の表面改質効果に及ぼす影響 -フッ素樹脂とAgインク膜の密着性向上への応用-

○小玉欣典, 大久保雄司, 青木智紀, 中川哲哉, 遠藤勝義, 大下貴也, 山村和也

[65] 2017年9月14日~2017年9月15日
表面技術協会 第136回講演大会(@金沢工業大学-扇が丘キャンパス)

講演番号:14D-25

電子線照射還元法により担持したPtナノ粒子のH2O2分解触媒活性に及ぼす担体材料の影響

○青木智紀, 大久保雄司, 清野智史, 小玉欣典, 中川哲哉, 河本懐, 遠藤勝義, 森理, 伊藤一作, 山村和也

[64] 2017年9月6日~2017年9月8日
日本金属学会 2017 年秋期講演大会(第161 回)(@北海道大学-札幌キャンパス)

講演番号:S5.9

放射線照射還元法による貴金属ナノ粒子担持材料の合成

○清野智史, 大久保雄司, 久貝潤一郎, 中川貴, 山本孝夫

[63] 2017年7月13日
エレクトロニクス実装学会 関西ワークショップ2017(@パナソニックリゾート大阪)

講演番号:15

熱アシストプラズマ処理を用いたフッ素樹脂と配線材料との革新的接着技術

大久保雄司

[62] 2017年6月29日
精密工学会 関西支部 2016年度関西地方定期学術講演会(@摂南大学-寝屋川キャンパス)

講演番号:15-C

熱アシストプラズマ処理の接着性向上効果に対する電極間距離の影響 -凹凸を含む三次元構造体への応用に向けた検討-

○中川哲哉, 大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[61] 2017年6月16日
日本接着学会 第55回 年次大会(@関西大学-千里山キャンパス)

講演番号:B-7

熱アシストプラズマ処理したポリテトラフルオロエチレンとゴムとの接着性に及ぼすゴム配合剤の影響

大久保雄司, 柴原正文, 長谷朝博, 本田幸司, 遠藤勝義, 山村和也

[60] 2017年3月11日
日本機械学会 関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会(@大阪大学-吹田キャンパス)

講演番号:2A23

プラズマ処理時のプロセスガスがPTFEの密着性に及ぼす影響

○中川哲哉, 大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 原田朋実, 遠藤勝義, 山村和也

[59] 2017年3月9日~2017年3月10日
表面技術協会 第135回講演大会(@東洋大学-川越キャンパス)

ポスター番号:P52

電子線照射還元法によりABS樹脂上へ担持したPtナノ粒子触媒の耐久性向上

○青木智紀, 大久保雄司, 清野智史, 小玉欣典, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 森理, 伊藤一作, 山村和也

[58] 2017年3月9日~2017年3月10日
表面技術協会 第135回講演大会(@東洋大学-川越キャンパス)

ポスター番号:P46

大気開放型ガス加熱アシストプラズマ処理によるフッ素樹脂の表面改質

○小玉欣典, 大久保雄司, 青木智紀, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 大下貴也, 山村和也

[57] 2016年11月17日~2015年11月18日
第18回 関西表面技術フォーラム(@甲南大学-ポートアイランドキャンパス)

講演番号:P9 ★受賞:優秀ポスター発表賞

大気圧プラズマ処理を用いたフッ素樹脂の表面改質におけるプロセスガス加熱の効果

○小玉欣典, 大久保雄司, 青木智紀, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 大下貴也, 山村和也

[56] 2016年11月17日~2015年11月18日
第18回 関西表面技術フォーラム(@甲南大学-ポートアイランドキャンパス)

講演番号:P4

電子線照射還元法によるH2O2分解用Ptナノ粒子触媒の合成 -微粒子化剤添加の効果-

○青木智紀, 大久保雄司, 清野智史, 小玉欣典, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 森理, 伊藤一作, 山村和也

[55] 2016年10月12日
日本接着学会 第12回若手の会(@関西大学-千里山キャンパス)

ポスター番号:P-5

フッ素樹脂の密着性に及ぼす熱アシストプラズマ処理の効果

大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[54] 2016年9月12日~2016年9月16日
15th International Conference on Plasma Surface Engineering (@Garmisch-Partenkirchen in Germany)

講演番号:OR0705

Surface modification of polytetrafluoroethylene (PTFE) by heat-assisted atmospheric pressure plasma treatment for improving adhesion between PTFE and isobutylene-isoprene rubber (IIR)

Y. Ohkubo, K. Ishihara, M. Shibahara, A. Nagatani, K. Honda, T. Aoki, Y. Kodama, K. Endo, K. Yamamura

[53] 2016年9月1日~2016年9月2日
表面技術協会 第134回講演大会(@東北大学-川内北キャンパス)

講演番号:2B-03

電子線照射還元法によるABS樹脂基材上へのH2O2分解用触媒Ptナノ粒子の作製

○青木智紀, 大久保雄司, 小玉欣典, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 清野智史, 森理, 伊藤一作, 山村和也

[52] 2016年9月1日~2016年9月2日
表面技術協会 第134回講演大会(@東北大学-川内北キャンパス)

講演番号:2A-02

大気圧プラズマ処理を用いた表面改質によるフッ素樹脂とAgインク膜の高密着化

○小玉欣典, 大久保雄司, 青木智紀, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 大下貴也, 中野良憲, 久保田和宏, 澤田公平, 山村和也

[51] 2016年7月12日
精密工学会 関西支部 2016年度関西地方定期学術講演会(@㈱島津製作所-三条事業所内研修センター)

ポスター番号:P-37(4-C)

電子線照射還元法によるPtナノ粒子触媒のABS樹脂上への固定化 ―エッチング処理と表面電荷調整処理による表面改質効果の調査―

○青木智紀, 大久保雄司, 小玉欣典, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 山村和也, 清野智史, 森理, 伊藤一作

[50] 2016年7月12日
精密工学会 関西支部 2016年度関西地方定期学術講演会(@㈱島津製作所-三条事業所内研修センター)

ポスター番号:P-8(3-C)

大気圧プラズマ処理を用いたフッ素樹脂の表面改質と高密着性Agインク膜の作製

○小玉欣典, 大久保雄司, 青木智紀, 中川哲哉, 原田朋実, 遠藤勝義, 山村和也, 大下貴也, 中野良憲, 久保田和宏, 澤田公平

[49] 2016年3月23日~2016年3月25日
日本金属学会 2016年春期(第158回)講演大会(@東京理科大学-葛飾キャンパス)

ポスター番号:P59

電子線還元法によるPtM/Cナノ粒子(M = Rh、Ru、Cu、Sn)の合成と評価

○岡崎倫久, 清野智史, 中川貴, 大久保雄司, 久貝潤一郎, 山本孝夫

[48] 2016年3月22日~2016年3月23日
表面技術協会 第133回講演大会(@早稲田大学-西早稲田キャンパス)

講演番号:22C-07

熱アシストプラズマ処理によるポリテトラフルオロエチレンシート上への無粗化高密着性銅ペースト膜の作製

大久保雄司, 小玉欣典, 久保田和宏, 澤田公平, 石原健人, 青木智紀,遠藤勝義, 山村和也

[47] 2016年3月10日
日本機械学会 関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会(@大阪電気通信大学-寝屋川キャンパス)

講演番号:6P15

電子線照射還元法によるABS樹脂基材上へのPtナノ粒子担持 -ソフトコンタクトレンズ用のH2O2分解触媒の作製-

○青木智紀, 大久保雄司, 清野智史, 石原健人, 小玉欣典, 森理, 伊藤一作, 遠藤勝義, 山村和也

[46] 2016年3月10日
日本機械学会 関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会(@大阪電気通信大学-寝屋川キャンパス)

講演番号:6A13

大気開放型プラズマ処理を用いたフッ素樹脂の表面改質 -フッ素樹脂と銀インク膜の高密着化-

○小玉欣典, 大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 遠藤勝義, 中野良憲, 上原剛, 久保田和宏, 澤田公平, 山村和也

[45] 2015年11月27日
日本接着学会 第11回若手の会(@兵庫県立大学-姫路工学キャンパス)

ポスター番号:P-14

ポリテトラフルオロエチレンの密着性に及ぼすプラズマ処理中の加熱の影響 -ポリテトラフルオロエチレンと異種材料の強力接合-

大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[44] 2015年11月26日~2015年11月27日
第17回 関西表面技術フォーラム(@甲南大学-ポートアイランドキャンパス)

講演番号:32技

電子線照射還元法によるABS樹脂基板上へのPtナノ粒子担持

○青木智紀, 大久保雄司, 清野智史, 石原健人, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[43] 2015年11月26日~2015年11月27日
第17回 関西表面技術フォーラム(@甲南大学-ポートアイランドキャンパス)

講演番号:2

大気圧プラズマを用いたフッ素樹脂の表面改質 -大気圧プラズマ処理と熱アシスト大気圧プラズマ処理の比較-

○石原健人, 大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 柴原正文, 長谷朝博, 本田幸司, 山村和也

[42] 2015年11月26日~2015年11月27日
第17回 関西表面技術フォーラム(@甲南大学-ポートアイランドキャンパス)

講演番号:1

熱アシストプラズマ処理によるフッ素樹脂の長寿命表面改質 -フッ素樹脂の高密着性メタライジング-

大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[41] 2015年10月29日~2015年10月30日
第30回高分子学会関東支部-若手交流会(@つくばセミナーハウス)

講演番号:3 

プラズマ処理/グラフト化技術によるフッ素樹脂表面への金属膜の接合

○久保田和宏, 大久保雄司, 山村和也

[40] 2015年9月9日~2015年9月10日
表面技術協会 第132回講演大会(@信州大学-長野キャンパス)

講演番号:10B-22 ★受賞:第4回学生優秀講演賞

大気圧プラズマ処理と外部加熱によるフッ素樹脂とブチルゴムの接着剤フリー強力接合

○石原健人, 大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 柴原正文, 長谷朝博, 本田幸司, 山村和也

[39] 2015年9月9日~2015年9月10日
表面技術協会 第132回講演大会(@信州大学-長野キャンパス)

講演番号:10B-20 ★受賞:第17回優秀講演賞

熱アシストプラズマ処理によるフッ素樹脂と金属膜の強力接合

大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[38] 2015年6月23日
精密工学会2015年度関西地方定期学術講演会(@京都工芸繊維大学-松ヶ崎キャンパス)

ポスター番号:13-C (P-50) ★受賞:ベストポスタープレゼンテーション賞

熱アシスト大気圧プラズマによるポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の表面改質とその持続性

○石原健人, 大久保雄司, 青木智紀, 小玉欣典, 遠藤勝義, 山村和也

[37] 2015年3月17日~2015年3月19日
精密工学会2015年度春季大会(@東洋大学-白山キャンパス)

講演番号:S19

熱アシストプラズマ処理によるポリテトラフルオロエチレンの表面改質と表面硬化 -フッ素樹脂と金属膜の強力接合への応用-

大久保雄司, 佐藤悠, 石原健人, 青木智紀, 遠藤勝義, ○山村和也

[36] 2015年3月4日~2015年3月6日
表面技術協会 第131回講演大会(@関東学院大学-横浜・金沢八景キャンパス)

ポスター番号:P41

熱アシスト大気圧プラズマを用いた表面改質によるフッ素樹脂とブチルゴムの接着剤フリー強力接合

○石原健人, 大久保雄司, 佐藤悠, 青木智紀, 遠藤勝義, 柴原正文, 長谷朝博, 本田幸司, 山村和也

[35] 2014年11月8日~2014年11月9日
第23回 日本コンピュータ外科学会大会(@大阪大学-吹田キャンパス)

講演番号:14(XVII)-95

MPCポリマーのコーティングによるステンレスおよびポリ乳酸表面と血液との親和性向上効果

○曹晨磊, 加藤晃将, 高橋智一, 鈴木昌人, 青柳誠司, 岩﨑泰彦, 大久保雄司, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

[34] 2014年10月20日~2014年10月22日
第6回 マイクロ・ナノ工学シンポジウム(@島根県-くにびきメッセ)

講演番号:21pm1-E2

ステンレス鋼およびポリ乳酸の表面へのMPCポリマーのコーティングとその効果

○曹晨磊, 加藤晃将, 高橋智一, 鈴木昌人, 青柳誠司, 岩﨑泰彦, 大久保雄司, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

[33] 2014年9月22日~2014年9月23日
表面技術協会 第130回講演大会(@京都大学-吉田キャンパス)

講演番号:22E-02

大気圧プラズマを用いた表面改質によるフッ素樹脂とブチルゴムの強力接着

○石原健人, 大久保雄司, 佐藤悠, 青木智紀, 遠藤勝義, 柴原正文, 長谷朝博, 本田幸司, 山村和也

[32] 2014年9月22日~2014年9月23日
表面技術協会 第130回講演大会(@京都大学-吉田キャンパス)

講演番号:22A-03

金属インクを用いた樹脂の表面金属化-プラズマ処理とグラフト重合を組み合わせた表面改質の応用-

○佐藤悠, 大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 遠藤勝義, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

[31] 2014年9月15日~2014年9月19日
14th International Conference on Plasma Surface Engineering (@Garmisch-Partenkirchen in Germany)

講演番号:OR2404

Surface modification of PTFE for a high adhesive Ag layer by open-air type plasma treatment with graft copolymerization

○H. Sato, K. Ishihara, Y. Ohkubo, K. Endo, K. Yamamura
「☆予稿閲覧☆」

[30] 2014年9月7日~2014年9月11日
5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena (@Nara in Japan)

講演番号:09-1130-B

Formation of highly adhesive polytetrafluoroethylene/isobtylene-isoprene rubber interface by atmospheric-pressure plasma irradiation

○K. Ishihara, H. Sato, Y. Ohkubo, M. Shibahara, A. Nagatani, K. Honda, K. Endo, K. Yamamura

[29] 2014年7月23日~2014年7月25日
The 15th International Conference on Precision Engineering (@Kanazawa in Japan)

講演番号:D-18

Surface modification of PTFE for a high adhesive Cu layer by open-air type plasma treatment with graft copolymerization

○H. Sato, K. Ishihara, Y. Ohkubo, K. Endo, K. Yamamura
「☆予稿閲覧☆」

[28] 2014年7月4日
精密工学会 関西支部 2014年度関西地方定期学術講演会(@近畿大学-東大阪キャンパス)

ポスター番号:9-C(P-11)

大気開放型プラズマ処理と高分子グラフト重合による表面改質

○佐藤悠, 大久保雄司, 石原健人, 青木智紀, 遠藤勝義, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

[27] 2014年7月4日
精密工学会 関西支部 2014年度関西地方定期学術講演会(@近畿大学-東大阪キャンパス)

ポスター番号:7-C(P-33)

大気圧プラズマプロセスを用いたフッ素樹脂の表面改質と高密着性銅めっき膜の形成

○石原健人, 大久保雄司, 佐藤悠, 青木智紀, 遠藤勝義, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

[26] 2015年5月22日~2014年5月24日
ナノ学会 第12回大会(@京都大学おうばくプラザ-宇治キャンパス)

ポスター番号:P1-04

電子線還元法を用いたカーボン担持Pt-SnO2ナノ粒子の構造制御

○岡崎倫久, 清野智史, 大久保雄司, 久貝潤一郎, 中川貴, 秋田知樹, 山本孝夫

[25] 2015年4月21日~2014年4月25日
MRS(材料研究科学)Spring meeting 2014(@San Francisco, California, United States)

ポスター番号:AAA3.03

Undulator synchrotron X-ray-induced reduction of Au ions to metals in an aqueous solution and in situ time-resolved DXAFS measurements

○T. Nakagawa, Y. Ohkubo, T. Okazaki, S. Seino, T.A. Yamamoto, H. Nitani, and Y. Niwa

[24] 2014年3月13日~2014年3月14日
表面技術協会 第129回講演大会(@東京理科大学-野田キャンパス)

ポスター番号:P-50

Agインクを用いたフッ素樹脂の表面金属化

○佐藤悠, 石原健人, 大久保雄司, 遠藤勝義, 山村和也
「☆予稿閲覧☆」

……………………………………………………………………………………………
[23] 2013年9月24日~2013年9月25日
表面技術協会 第128回講演大会(@福岡工業大学)

講演番号:24B-30

電子線照射還元法を利用した新規触媒フリーAu無電解めっき技術の研究開発

大久保雄司, 清野智史, 久貝潤一郎, 中川貴, 上野浩二, 山本孝夫
「☆予稿閲覧☆」

[22] 2013年6月6日~2013年6月8日
ナノ学会 第11回大会(@東京工業大学-百年記念館)

ポスター番号:P2-46

電子線照射還元法を利用した新規めっき技術の開発

大久保雄司, 清野智史, 景山悟, 中川貴, 久貝潤一郎, 上野浩二, 山本孝夫
「☆予稿閲覧☆」

[21] 2012年6月14日~2012年6月16日
ナノ学会 第10回大会(@大阪大学-豊中キャンパス)

ポスター番号:P1-19

電子線照射還元法により合成したPtRu/Cナノ粒子の微細化

大久保雄司, 景山悟, 清野智史, 中川貴, 久貝潤一郎, 上野浩二, 山本孝夫
「☆予稿閲覧☆」

[20] 2012年3月25日~2012年3月28日
日本化学会 第92春季年会(@慶応義塾大学-日吉キャンパス)

講演番号:1G1-09

電子線照射還元法による高担持PtRu/Cナノ粒子触媒の合成

大久保雄司, 景山悟, 清野智史, 中川貴, 久貝潤一郎, 上野浩二, 山本孝夫
「☆予稿閲覧☆」

[19] 2011年9月20日~2011年9月22日
触媒学会 第108回触媒討論会(@北見工業大学)

講演番号:1S22

電子線照射還元法におけるPtRu二元系ナノ粒子触媒の構造制御

大久保雄司, 景山悟, 清野智史, 中川貴, 久貝潤一郎, 山本孝夫
「☆予稿閲覧☆」

……………………………………………………………………………………………

[18] 2010年7月19日~2010年7月21日
13th International Conference on Organized Molecular Films(@Quebec in Canada)

Effect of anti-biofouling on superhydrophobic surface

Y. Ohkubo, K. Kusu, S. Onishi, and K. Ogawa

[17] 2010年7月19日~2010年7月21日
13th International Conference on Organized Molecular Films(@Quebec in Canada)

ポスター番号:P-117

Effect of the fluorocarbon chain length of the chemically adsorbed molecules

○K. Hukuma, Y. Ohkubo, and K. Ogawa

[16] 2010年7月19日~2010年7月21日
13th International Conference on Organized Molecular Films(@Quebec in Canada)

ポスター番号:P-79

Preparation technique of the insulating nanoparticle film using a chemically adsorbed monolayer

○H. Takagi, Y. Ohkubo, and K. Ogawa

[15] 2009年9月20日~2009年9月25日
11th International Conference on Advanced Materials(@Rio de Janeiro in Brazil)

ポスター番号:R536

Development of the novel technique with the aqueous solution for preparing hydrophobic monolayers

○H. Noriyasu, Y. Ohkubo, Y. Asabe, S. Onishi, and K. Ogawa

[14] 2009年9月20日~2009年9月25日
11th International Conference on Advanced Materials(@Rio de Janeiro in Brazil)

ポスター番号:R516

Preparation and characterization of super-hydrophobic surface

Y. Ohkubo, S. Onishi, H. Noriyasu, and K. Ogawa

[13] 2009年9月20日~2009年9月25日
11th International Conference on Advanced Materials(@Rio de Janeiro in Brazil)

ポスター番号:A524

Antibacterial property of the chemically adsorbed monolayer functionalized with imidazole-copper complex

○Y. Asabe, Y. Ohkubo, S. Onishi, and K. Ogawa

[12] 2009年9月20日~2009年9月25日
11th International Conference on Advanced Materials(@Rio de Janeiro in Brazil)

ポスター番号:Q504

Binder-free silver paste using the reactive monomolecular layer

○S. Onishi, Y. Ohkubo, Y. Asabe, and K. Ogawa

[11] 2009年9月16日~2009年9月18日
高分子学会(第58回高分子討論会)(@熊本大学-黒髪キャンパス)

ポスター番号:2Pa127_4043

化学吸着法を用いたピロール系導電性超薄膜の作製

○石川修平, 高井惇, 大久保雄司, 高田晃彦, 大竹忠, 小川一文

[10] 2009年9月10日~2009年9月11日
電気学会(基礎・材料・共通部門大会)(@静岡大学工学部)

ポスター番号:P-3

化学吸着単分子膜を用いた絶縁粒子薄膜の作製

○高木宏彰, 瀬尾英志, 大久保雄司, 大西正悟, 小川一文

[9] 2008年12月1日~2008年12月5日
MRS Fall meeting 2008(@Boston in USA)

講演番号:BB1.9

Application of a chemically adsorbed monolayer and polypyrrole thin film for increasing the adhesion force between the resin substrate and the plated copper layer

Y. Ohkubo, S. Onishi, H. Yamamoto, K. Ogawa, S. Miyazawa, K. Soejima, and A. Nakano

[8] 2008年12月1日~2008年12月5日
MRS Fall meeting 2008(@Boston in USA)

ポスター番号:G12.17

A binder-free electrically conductive Ag adhesive using a chemically adsorbed monolayer

○S. Onishi, Y. Ohkubo, K. Soejima, and K. Ogawa

[7] 2008年6月16日~2008年6月18日
International Union for Surface Finishing(@Busan in Korea)

講演番号:D2-GO-04

Immobilization of Copper Ions Through a Polypyrrole Thin Film Covalently Connected to a Substrate Surface

Y. Ohkubo, S. Miyazawa, K. Soejima, and K. Ogawa

[6] 2008年6月14日
平成20年度 宝石学会(日本)講演会(@福岡交通センターホール)

講演番号:一般講演16

真珠の耐汗性処理に関する研究開発

大久保雄司, 小川一文

[5] 2007年9月18日~2007年9月20日
表面技術協会 第116回講演大会(@長崎大学-文教キャンパス)

講演番号:18C-6(技)

化学吸着膜を用いた超撥水・撥油表面基板の研究

○辻一誠, 大久保雄司, 小川一文

[4] 2007年9月4日~2007年9月8日
第68回応用物理学会 学術講演会(@北海道工業大学)

講演番号:6p-M-17

化学吸着単分子膜を用いた粒子単層膜の作製

○角南和明, 大久保雄司, 大西正悟, 小川一文

[3] 2007年9月4日~2007年9月8日
第68回応用物理学会 学術講演会(@北海道工業大学)

講演番号:6p-M-2

化学吸着法を用いたチオフェン系導電性超薄膜の作製

○尾藤慎也, 大竹忠, 大久保雄司, 小川一文

[2] 2007年7月17日~2007年7月19日
第53回 高分子夏季大学(@洞爺湖万世閣)

ポスター番号:P-7

ピロール系導電性単分子膜作製の研究

大久保雄司, 小川一文

[1] 2004年7月31日
日本物理学会 中国支部・四国支部 2004年度学術講演会(@香川大学-幸町キャンパス)

講演番号:Fp2-1

単分子膜の新規製造方法の研究

大久保雄司, 小川一文