[:ja]安藤由香里 Droits des l'homme [:en]Yukari Ando Droits des l'homme [:fr]Yukari Ando Droits des l'homme

履歴書CVCV

 

安藤 由香里 (あんどう ゆかり)

 

 

 

 

学歴
1999 英ウォリック大学大学院法学研究科開発法専攻修士課程修了
2000 名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻博士前期課程修了
2008 パリ南大学法学研究科博士課程・人権人道法研究所日仏共同博士課程コンソシアム
2009 名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻博士後期課程退学

 

学位
法学修士(ウォリック大学1999)、学術修士(名古屋大学2000)

 

主要職歴
2001 国連フィジー選挙監視団(UNFEOM)選挙監視員
2001~2004 名古屋大学大学院国際開発研究科ティーチングアシスタント
2003~2005 名古屋外国語大学現代国際学部アシスタントインストラクター
2006 中央大学研究開発機構準研究員
2006 トラベルジャーナル旅行専門学校非常勤講師
2009~2011 内閣府国際平和協力本部事務局研究員
2010 日本政府スーダン総選挙監視団選挙監視員
2010~2011 日本政府スーダン住民投票監視国際平和協力隊監視員
2012.3 独マックスプランク比較公法・国際法研究所客員研究員
2012.4-5 加ヨーク大学難民研究所客員研究員
2011~2016.3 大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教
2016.4~2016.9

2016.10~現在

 

大阪大学大学院国際公共政策研究科招へい准教授

大阪大学大学院国際公共政策研究科特任講師

 

 

専門分野
国際人権法、難民法、国際協力

 

研究主題
国際人権法におけるノン・ルフルマン(追放・送還禁止)原則

 

キーワード
人の移動、難民、拷問

 

所属学会
国際法学会、世界法学会、国際人権法学会
International Association for the Study of Forced Migration(IASFM)、
Canadian Association for Refugee and Forced Migration Studies(CARFMS)

 

資格・研修等
2012 加ヨーク大学難民研究所難民・強制移住夏季講座修了
2011 (社)日本プロカウンセリング協会二級心理カウンセラー養成講座修了
2011 赤十字国際協力開発要員研修(IMPACT)修了
2011 赤十字救急法救急員資格
2011 消防上級救命講習修了
2010 国際協力機構(JICA)平成22年度能力強化研修(法整備支援)修了
2010 (財)国際高等教育開発機構(FASID)平成21年度開発援助評価研修ODA評価者のための評価ワークショップ(プロ ジェクト評価のための社会調査入門、評価におけるシステムアプローチの活用、インパクト評価の理論と実践、評価における統計手法(基礎・応用)、途上国での教訓から学ぶキャパシティ・ビルディング評価の理論と実践)修了
2010 FASID外務省委託「組織強化のためのアクションラーニング」研修修了
2010 第10回伊サンレモ国際人道法研究所国際人道法夏期講座修了
2009 JICA平成21年度能力強化研修(平和構築・復興支援)修了
2007 第38回仏ストラスブール国際人権研究所人権法夏季講座修了
2006 JICA平成17年度第3回技術協力専門家養成研修・復興支援(平和構築)修了
2005 第75回蘭ハーグ国際法アカデミー国際公法夏季講座修了
2000 FASIDプロジェクト・サイクル・マネージメント(PCM)副モデレーター資格
1999 第30回仏ストラスブール国際人権研究所人権法夏季講座修了
1999 第2回仏ストラスブール国際人権研究所難民法夏季講座修了
1998 FASID・PCM計画・立案/モニタリング・評価修了
1997 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー初級講習修了
1995 チュニジア・ブルギバ語学研究所アラビア語修了
1994 エジプト・オルマンスクールアラビア語修了

  

 

 

   Yukari Ando

    

 

 

Education
  • March 2009Doctoral Programme of International Cooperation Studies, Graduate School of International Development(GSID), Nagoya University, Japan.
  • February 2008Collège Doctoral Franco-Japonais, Centre de recherches et d’études sur les droits de l’Homme et le droit humanitaire(CREDHO), Faculté Jean Monnet, Université de ParisXI-Sud, France.
  • March 2000M.A., International Cooperation Studies, GSID, Nagoya University, Japan.
  • August 1999LL.M.,Law in Development, School of Law, University of Warwick, United Kingdom.

 

Work Experience
    • 2016.4-PresentGuest Associate Professor, Osaka School of International Public Policty, Osaka University.
    • 2011-2016.3Specially Appointed Assistant Professor, Global Collaboration Center, Osaka University.
    • 2012.4-5Visiting Scholar, Centre for Refugee Studies, York University, Toronto, Canada.
    • 2012.3Visiting Scholar, Max Planck Institute for Comparative Public Law and International Law, Heidelberg, Germany.
    • 2009-2011Programme Adviser, Secretariat of the International Peace Cooperation Headquarters, Cabinet Office, Government of Japan.
    • 2010-2011Election Observer, Southern Sudan Referendum Observation Mission, Cabinet Office of Japan.
    • 2010Election Observer, The Japanese Election Observation Team for the General Elections in Sudan, Ministry of Foreign Affairs of Japan.
    • 2006Research Associate, Research and Development Initiative, Chuo University.
    • 2006Lecturer, Cross-Cultural Communication, Trajal Hospitality Tourism College.
    • 2003-2005Assistant Instructor, Training for Fundamental Research, Faculty of Contemporary International Studies, Nagoya University of Foreign Studies.
    • 2001-2004Teaching Assistant, Graduate School of International Development, Nagoya University.
    • 2001Electoral Officer, United Nations Fijian Electoral Observation Mission (UNFEOM).

 

Field of Research

International Human Rights, Refugee Law, International Cooperation

 

Research Interests

Principle of Non-Refoulement under International Human Rights Law

 

Keywords

Forced Migration, Refugee, Torture

 

Associations
      • Japanese Society of International Law
      • Japanese Association of World Law
      • International Human Rights Law Association
      • International Association for the Study of Forced Migration(IASFM)
      • Canadian Association for Refugee and Forced Migration Studies(CARFMS)

 

Related Experience
      • 2014Carrier Consultant, Kansai Counselling Centre.
      • 2012Summer Course on Refugee and Forced Migration Issues, Centre for Refugee Studies, York University, Toronto, Canada.
      • 2011Second Level, Psychology Counsellor, Japan Professional Counselling Association.
      • 2011International Mobilization and Preparation for Action(IMPACT), Japanese Red Cross.
      • 2011First Aid Courses, Japan Red Cross. Advanced First Aid Course, Fire Station.
      • 2010Capacity Development on Legal Technical Assistance, Japan International Cooperation Agency(JICA).
      • 2010Evaluation Workshop for ODA Evaluators(System Approach, Impact Evaluation, Social Research, Statistics and Capacity Building), Foundation for Advanced Studies on International Development(FASID).
      • 2010Action Learning for the Organisation Enhancement, FASID.
      • 201010th Summer Course on International Humanitarian Law, International Institute of Humanitarian Law, Sanremo, Italy.
      • 2009Capacity Development on Peace Building/Reconstruction Assistance, JICA.
      • 200738th Study Session of Human Rights, International Institute of Human Rights, Strasbourg, France.
      • 2006Technical Assistant Expert Training on Reconstruction Assistance(Peace Building), JICA.
      • 200575th Session of Public International Law, Hague Academy of International Law, The Hague, Netherlands.
      • 2000Co-Moderator, Project Cycle Management(PCM).
      • 199930th Study Session of Human Rights, International Institute of Human Rights, Strasbourg, France.
      • 19992nd Summer Course on Refugees, International Institute of Human Rights and the United Nations High Commissioner for Refugees, Strasbourg, France.
      • 1998PCM Participatory Planning and Monitoring and Evaluation, FASID.
      • 1997Basic, Kaufman Assessment Battery for Children(K-ABC).
      • 1995Arabic Language, Institute of Bourguiba, Tunis, Tunisia.
      • 1994Arabic Language, Orman School, Cairo, Egypt.

 

 

安藤 由香里 (あんどう ゆかり)

学歴

1999 英ウォリック大学大学院法学研究科開発法専攻修士課程修了

2000 名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻博士前期課程修了

2008 パリ南大学法学研究科博士課程・人権人道法研究所日仏共同博士課程コンソシアム

2009 名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻博士後期課程退学

学位

法学修士(ウォリック大学1999)、学術修士(名古屋大学2000)

主要職歴

2001    国連フィジー選挙監視団(UNFEOM)選挙監視員

2001~2004 名古屋大学大学院国際開発研究科ティーチングアシスタント

2003~2005 名古屋外国語大学現代国際学部アシスタントインストラクター

2006    中央大学研究開発機構準研究員

2006    トラベルジャーナル旅行専門学校非常勤講師

2009~2011 内閣府国際平和協力本部事務局研究員

2010    日本政府スーダン総選挙監視団選挙監視員

2010~2011 日本政府スーダン住民投票監視国際平和協力隊監視員

2012.3    独マックスプランク比較公法・国際法研究所客員研究員

2012.4-5   加ヨーク大学難民研究所客員研究員

2011~現在 大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教

専門分野

国際人権法、難民法、国際協力

研究主題

国際人権法におけるノン・ルフルマン(追放・送還禁止)原則

キーワード

人の移動、難民、拷問

所属学会

国際法学会、世界法学会、国際人権法学会、移民政策学会、アジア国際法学会日本協会、

International Association for the Study of Forced Migration(IASFM)、

Canadian Association for Refugee and Forced Migration Studies(CARFMS)

資格・研修等

2012 加ヨーク大学難民研究所難民・強制移住夏季講座修了

2011 (社)日本プロカウンセリング協会二級心理カウンセラー養成講座修了

2011 赤十字国際協力開発要員研修(IMPACT)修了

2011 赤十字救急法救急員資格

2011 消防上級救命講習修了

2010 国際協力機構(JICA)平成22年度能力強化研修(法整備支援)修了

2010 (財)国際高等教育開発機構(FASID)平成21年度開発援助評価研修ODA評価者のための評価ワークショップ(プロジェクト評価のための社会調査入門、評価におけるシステムアプローチの活用、インパクト評価の理論と実践、評価における統計手法(基礎・応用)、途上国での教訓から学ぶキャパシティ・ビルディング評価の理論と実践)修了

2010 FASID外務省委託「組織強化のためのアクションラーニング」研修修了

2010 第10回伊サンレモ国際人道法研究所国際人道法夏期講座修了

2009 JICA平成21年度能力強化研修(平和構築・復興支援)修了

2007 第38回仏ストラスブール国際人権研究所人権法夏季講座修了

2006 JICA平成17年度第3回技術協力専門家養成研修・復興支援(平和構築)修了

2005 第75回蘭ハーグ国際法アカデミー国際公法夏季講座修了

2000 FASIDプロジェクト・サイクル・マネージメント(PCM)副モデレーター資格

1999 第30回仏ストラスブール国際人権研究所人権法夏季講座修了

1999 第2回仏ストラスブール国際人権研究所難民法夏季講座修了

1998 FASID・PCM計画・立案/モニタリング・評価修了

1997 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー初級講習修了

1995 チュニジア・ブルギバ語学研究所アラビア語修了

1994 エジプト・オルマンスクールアラビア語修了