材料の性質はそのままで、
材料の表面のみの性質を変える研究を行っています。

セミナー「日本接着学会 接着界面科学研究会 PartⅥ 第1回例会」のお知らせ

日本接着学会が開催する「接着界面科学研究会 PartⅥ 第1回例会」にて講師を務めます。 講演者名: 大久保雄司 (助教) 講演タイトル:フッ素樹脂と異種材料を強力接着するためのプラズマ表面改質技術 日時: 2018年6 […]

採択「H29年度地域産学バリュープログラム(JST)」

「H29年度地域産学バリュープログラム」に応募し、採択されました。  研究プロジェクト名:過酸化水素分解用Ptナノ粒子の触媒耐久性向上 「☆JST地域産学バリュープログラムHP☆」

セミナー「日本接着学会 接着のための表面制御と分析セミナー」のお知らせ

日本接着学会が開催する「接着のための表面制御と分析セミナーPart2」にて講師を務めます。 講演者名: 大久保雄司 (助教) 講演タイトル: 界面制御によるフッ素樹脂と異種材料の強力接着 日時: 2017年12月19日( […]

技術紹介「大学等シーズ発表会」のお知らせ

経済産業省 近畿経済産業局が主催する大学等シーズ発表会に参加し、技術紹介をおこないます。 講演者名: 大久保雄司 (助教) 講演タイトル:金属ナノ粒子を短時間でくっつける技術~様々な材料に触媒機能や抗菌機能を付与~ 日時 […]

新聞掲載(日刊工業新聞-電子版)のお知らせ

2017年8月30日の日刊工業新聞(電子版)に掲載されました。 「フッ素樹脂、熱アシストプラズマ処理で高い接着性-阪大が解明」 掲載記事

プレスリリース「 低コストでプラズマ処理の表面改質能力を大幅向上 -ヒーター加熱の効果でフッ素樹脂と異種材料の強力接着を実現-」

フッ素樹脂に対して、ヒーターで加熱しながらプラズマ処理(熱アシストプラズマ処理)することで、低コストで高接着性が得られることについて、プレスリリースしました。 そして、阪大内の研究紹介ページResSOにて紹介されました。

採択「COiREマッチングファンド方式産学連携共同研究」

「平成29年度-マッチングファンド方式産学連携共同研究」に応募し、採択されました。  研究プロジェクト名:テフロン(PTFE)の接着性を大幅に改善する熱アシストプラズマ処理の実用化 「☆オープンイノベーション教育研究セン […]

受賞「奨励賞(日本接着学会)」と受賞講演のお知らせ

2017年4月19日(水) 「平成29年度 日本接着学会 奨励賞」の受賞が決定しました。 題目:接着剤レスでフッ素樹脂の密着性を劇的に改善する熱アシストプラズマ処理の開発 第55回日本接着学会年次大会において奨励賞受賞講 […]

受賞「平成28年度研究科長表彰(大阪大学)」のお知らせ

2017年3月17日(金) ボランティア活動が評価され「平成28年度研究科長表彰」を受賞しました。

講演「日本接着学会関西支部 若手の会ミニセミナー」のお知らせ

日本接着学会関西支部が開催する「若手の会ミニセミナー」にて講演をおこないます。 講演者名: 大久保雄司 (助教) 講演タイトル:プラズマ処理+αによるフッ素樹脂の密着性向上 日時: 2017年3月14日(火) 13:10 […]